BIM施工図インフォメーションから数量の拾い出し
なる3D-CADや今までの2D-CADと大きく異なるのは、データにインフォメーションが付いているので数量を拾える事だ。
ータとして拾ったものが、図面のどこの部分であるか、確認しながら作業を進める事が出来る。上手く使えば、レイヤーの入力間違いなども一目で分かる 
コンクリートの数量を拾ってみた
 
ール工事データは、竣工後も繰り返し利用されるデータとなる。全体から見落とされがちなデータと言える。
外壁シール 施工箇所と、その数量の確認
 
じものが大量に並んでいる。その場所と数量を一度に確認できる。 
システム天井の数量について
 
Copyright(c) ARTVILLAGE 2013 All Rights Reserved